人身事故の届出

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

示談交渉は、あとで弁護士に依頼してやっておけばよかったと思っても間に合いません。タイミングを見誤り、早くおこなってしまって後悔することも出てきます。なぜかといえば、示談交渉は和解契約なのであり、下手な契約を結ぶと、その後やり直しができないことがほとんどです。不利な条件であっても、それ以降は交渉ができないような場合も出てきてしまいます。内容を吟味して示談交渉はしないとならないため、ひとつ間違えば大きな公開になってしまうのです。弁護士を入れて適正な交渉にする意味のひとつになるでしょう。

診断書人身事故にするというところも重要です。警察に対して主張することも重要ですが、ぶつかった当初は痛みがなくても、筋肉の緊張が解ければ異常を感じる場合も出てきます。あとから異常が出たということでは、交渉がうまくいかなくなるため、弁護士に依頼する前に診断を受けるのも必要です。ケガをしたことによって、物損ではなく人身事故として処理ができるようになります。仮に物損事故として届出をしていても、10日程度であれば、医師の診断書を提出することによって人身事故に切り替えが可能です。保険会社に対しても手続きが必要になってきますが、同時に弁護士に相談しながら進めていくといいでしょう。