適正な交渉を

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交渉人身事故の多くは、保険会社からの提示をうのみにしてしまいます。実情としても問題なのは、その程度ではないかと思うことです。相場だと保険会社に言われるとどうしても納得してしまうものですが、妥当なものではありません。妥当に感じる説明をされてしまうと、なんとなくあっていると思い込んでしまうでしょう。

ですが、実際には何も妥当でもなく、相場でもありません。保険会社の担当者がでたらめをいっているわけではなく、あくまでも保険会社が考える基準で話をしているからです。これが、被害者にとって適正な金額ではないから、交渉をしていかなければいけません。ですが、こうした流れを被害者がわかるのかといえば、そう簡単に理解はできないでしょう。

良くあるケースとしては、過失割合のことを逆手に取って、あなたにも過失がある以上、これ以上は払えませんといったケースがあるでしょう。判例もあるから裁判をしてもほとんど変わりませんといった話まであります。そもそも観点が問題となる部分ですが、保険会社が被害者のためにおこなっていると信じれば、どうしても不思議とは感じません。弁護士に依頼して、適正な判断をするのが重要になってくる部分ともいえるのです。