過失割合の問題

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士自分にも保険会社がいるから、交渉は心配ないと思っているのも危険でしょう。過失割合が0対100だった場合、自分の保険会社は使うことができません。すべて自分で交渉することになります。そもそも過失割合は、加害者にすべて責任があるわけではなく、わずかであっても被害者にも問題があったという意味を持っているからです。保険会社から見れば、どちらも加害者になってくるため、保険の適用がなされ、対応することになっていきます。ところが、過失がないような状態では、なにもできないため、交渉に入ることがありません。

こうした条件の中でも交渉は続けていかなければいけません。実際に納得できる示談金の提示がなされれば問題はありませんが、ほとんどの場合では当てはまらないでしょう。弁護士に相談するのが一番なのは、効率的な交通事故示談交渉が出来るという意味が出てきます。実際に費用を考えても、自分で交渉するよりも高額にできる場合がほとんどです。差額を考えても手間が減る分だけメリットが生まれてきます。保険に弁護士特約があれば、この心配もいらなくなってくるでしょう。

保険会社は交通事故の専門家です。さらに営利企業なのですから、被害者に最低限の救済をしても、それ以上はしないもので、適正な交渉も難しい事実は覚えておく必要があるでしょう。