過失割合の問題

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士自分にも保険会社がいるから、交渉は心配ないと思っているのも危険でしょう。過失割合が0対100だった場合、自分の保険会社は使うことができません。すべて自分で交渉することになります。そもそも過失割合は、加害者にすべて責任があるわけではなく、わずかであっても被害者にも問題があったという意味を持っているからです。保険会社から見れば、どちらも加害者になってくるため、保険の適用がなされ、対応することになっていきます。ところが、過失がないような状態では、なにもできないため、交渉に入ることがありません。

こうした条件の中でも交渉は続けていかなければいけません。実際に納得できる示談金の提示がなされれば問題はありませんが、ほとんどの場合では当てはまらないでしょう。弁護士に相談するのが一番なのは、効率的な交通事故示談交渉が出来るという意味が出てきます。実際に費用を考えても、自分で交渉するよりも高額にできる場合がほとんどです。差額を考えても手間が減る分だけメリットが生まれてきます。保険に弁護士特約があれば、この心配もいらなくなってくるでしょう。

保険会社は交通事故の専門家です。さらに営利企業なのですから、被害者に最低限の救済をしても、それ以上はしないもので、適正な交渉も難しい事実は覚えておく必要があるでしょう。

適正な交渉を

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交渉人身事故の多くは、保険会社からの提示をうのみにしてしまいます。実情としても問題なのは、その程度ではないかと思うことです。相場だと保険会社に言われるとどうしても納得してしまうものですが、妥当なものではありません。妥当に感じる説明をされてしまうと、なんとなくあっていると思い込んでしまうでしょう。

ですが、実際には何も妥当でもなく、相場でもありません。保険会社の担当者がでたらめをいっているわけではなく、あくまでも保険会社が考える基準で話をしているからです。これが、被害者にとって適正な金額ではないから、交渉をしていかなければいけません。ですが、こうした流れを被害者がわかるのかといえば、そう簡単に理解はできないでしょう。

良くあるケースとしては、過失割合のことを逆手に取って、あなたにも過失がある以上、これ以上は払えませんといったケースがあるでしょう。判例もあるから裁判をしてもほとんど変わりませんといった話まであります。そもそも観点が問題となる部分ですが、保険会社が被害者のためにおこなっていると信じれば、どうしても不思議とは感じません。弁護士に依頼して、適正な判断をするのが重要になってくる部分ともいえるのです。

人身事故の届出

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

示談交渉は、あとで弁護士に依頼してやっておけばよかったと思っても間に合いません。タイミングを見誤り、早くおこなってしまって後悔することも出てきます。なぜかといえば、示談交渉は和解契約なのであり、下手な契約を結ぶと、その後やり直しができないことがほとんどです。不利な条件であっても、それ以降は交渉ができないような場合も出てきてしまいます。内容を吟味して示談交渉はしないとならないため、ひとつ間違えば大きな公開になってしまうのです。弁護士を入れて適正な交渉にする意味のひとつになるでしょう。

診断書人身事故にするというところも重要です。警察に対して主張することも重要ですが、ぶつかった当初は痛みがなくても、筋肉の緊張が解ければ異常を感じる場合も出てきます。あとから異常が出たということでは、交渉がうまくいかなくなるため、弁護士に依頼する前に診断を受けるのも必要です。ケガをしたことによって、物損ではなく人身事故として処理ができるようになります。仮に物損事故として届出をしていても、10日程度であれば、医師の診断書を提出することによって人身事故に切り替えが可能です。保険会社に対しても手続きが必要になってきますが、同時に弁護士に相談しながら進めていくといいでしょう。

人身事故は弁護士に

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不幸にも交通事故にあってしまったときには、どうやったら最終的に解決できるのかも考えていかなければいけません。交渉するというところになってきますが、把握できている人はわずかでしょう。被害者だからといって、待っていればいいというわけでもありません。相手の保険会社がすべてやってくれると思い込むのは、非常に危険なことになってきます。

弁護士被害者だからといって、適正は補償が受けられるわけではありません。いつでも適正であれば、もめることもありませんし、訴訟になっていくこともないでしょう。交渉すらいらないかもしれません。ですが、損害に対して適正に処理させるために積極的に行動していけば、しっかりと解決できる可能性が出てきます。被害者があとから泣きを見るようなかたちは、決して正しい姿ではありませんし、解決方法ともいえないでしょう

交通事故被害にあってしまったときには、弁護士に示談交渉を依頼するのが一番です。適正な補償を求めるために、さまざまなアプローチができるからです。メリットは多数ありますが、ほとんどの手続きを自分に変わって弁護士がしてくれるようになるため、示談交渉に関しても手を掛ける必要がありません。費用に関しても初期にかけずに依頼できるようなところも多くなってきたため、依頼もしやすくなったのは間違いありません。だからこそ、人身事故にあったときには、参考にしながら弁護士へ相談するメリットを考えてみるといいでしょう。まずは人身事故の届出について説明していこうと思います。